2010年03月06日

将棋の有吉九段、珍しい「2手指し」で反則負け(読売新聞)

 将棋界の現役最年長棋士で、すでに引退が決まっている有吉道夫九段(74)が2日、大阪市の関西将棋会館で行われた第23期竜王戦の予選5組の対局で、2手続けて指す、きわめて珍しい反則で総手数17手で敗れた。

 有吉九段はこの敗戦で、通算成績が1086勝999敗となった。

 日本将棋連盟によると、序盤の駒組み段階で対局相手の浦野真彦七段が席を外したところ、数分前に着手した有吉九段が自分の手番と勘違いして着手、「2手指し」の反則になった。

 反則負けは毎年数局あるが、同連盟に記録が残る1967年以降で、有吉九段の反則は6回目という。

14の重篤副作用疾患別対応マニュアルを公表へ―厚労省(医療介護CBニュース)
<鳥インフル>「感染源は不明」最終報告 愛知・豊橋(毎日新聞)
所得税から議論着手へ=税調専門家委が初会合(時事通信)
太平洋全域に津波警報、ハワイで4・8mの恐れ(読売新聞)
金融取引所と独銀行提訴=FXレート誤提示で投資家−東京地裁(時事通信)
posted by アイフォソ at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。