2010年02月04日

夫婦別姓、結婚後の変更可能に=法務省が検討−民法改正案(時事通信)

 法務省は3日、今国会に提出予定の選択的夫婦別姓制度導入のための民法改正案について、夫婦が結婚後に生じた事情により、同姓から別姓、別姓から同姓にそれぞれ変更することを認める規定を設ける方向で検討に入った。同日の政策会議で、民主党が事後変更を可能とするよう要望。同省も多様なライフスタイルに適応できる制度が望ましいと判断した。
 法務省が1月に党側に示した改正の概要案は、婚姻届を提出する際、同姓か別姓かを選択するとしており、結婚後の変更についての規定はない。このため、概要案に沿って法改正すると、結婚後に姓を変更するには、いったん離婚し、再婚しなくてはならない。政策会議後、加藤公一法務副大臣は「盲点だった」と概要案の不備を認めた上で、早急に結論を出す考えを示した。 

【関連ニュース】
夫婦別姓制度を導入=非嫡出子の相続差別撤廃
政府、61法案を提出予定=子ども手当、高校無償化
「可視化」調査費に1.2億円=10年度予算案
民法改正に意欲=福島消費者相
通常国会で「別姓」実現を=与野党有志

簡保満期金など着服容疑、元郵便局長を逮捕(読売新聞)
<鳩山首相>小沢氏の幹事長続投、改めて容認(毎日新聞)
タクシー運転手、窃盗少年に偽ヴィトン売る(スポーツ報知)
結婚への夢、ブログにつづる=大出さん、「旅行に」翌日遺体で発見−連続不審死(時事通信)
<窃盗>宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
posted by アイフォソ at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。